スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城下町オフレポ その2

2013.09.24 (Tue)
オフレポ2です!

こっちの記事では、対戦していただいた方との各デュエルについて書いていきたいと思います。

今回は9名の方とデュエルできました。いやー皆さん強い。マッチの勝率は3割程度といったところでしょうか。奇怪なギミックを求めてデッキを組んでいる私ですが、実のところはとても負けず嫌いなもので、負けるとやっぱり悔しいです。くっそくっそ!次回は勝率8割くらいとりたいです!!


-各デュエル感想-

■1戦目 vs 中村さん【ギアギア機皇】 ○×○

オフ会開始前、0次会ということで会場設営が終わった後に、オフ開始時間までデュエルしました。相手は中村さん。カオスポットの人ということで一部で有名ですw 使用されたデッキはマシニクルを召喚する機械デッキ。最後召喚されるまで分かりませんでした。僕は調整をかねて絶対服従魔人でお相手致しました。

ギアギガントX、ギアギアギアで凄まじいアドバンテージを取られます。こちらのデッキは相手の手札が潤っている時点では動き出しづらいので、中々攻め込めませんでした。ギアギガントXを破壊するとギアギアーノが出てくることもあり本当に攻めにくかったです。
ですがこちらのデッキはスーパーユウシさんとスーパーウルフバークさんがいるのでうまく流しながら戦うことができました。やっぱりカオスインフィニティが入ってるデッキでは機皇兵を除外するといいですね。ありがとうトリシューラさん!


■2戦目 vs エックスさん【セイクリッド】 ×○×

オフ会開始前に昼食を食べようということで0次会参加者が続々と席を立つ中、私たちは黙々とデュエル。相手はツイッターでプレアデスをアイコンにしているエックスさん。本当にぽんぽんとセイクリッドエクシーズが出てきます。セイクリッドの星痕により手札が切れることもありません。テーマデッキ故のとても安定した動きに完封されました。
私は三幻神デッキでお相手しましたが、プレアデスやトレミスを回避することに精一杯でした。セイクリッド・オメガってアレ効果範囲セイクリッド全体に行くのかよ!!プレアデスにブレイクスルーが届かなくなりました。。。
2戦目以降はサイドデッキからD.D.チェッカーを投入しSSを封じに行きます。2戦目は相手がモンスターを引けず、こちらは適当に殴り続けて勝ち。3戦目はまたエクシーズ地獄が始まります。ギアギガントをエクシーズしている暇がなく、D.D.チェッカーを出すことが出来ません。うーん、中々対策って難しい・・・。

「分かり易いけど、止めにくいデッキ」。まだまだ対策が必要だと感じました。


■3戦目 vs nojiさん【F.G.D】 ○××

さぁ、オフ会開始です!中々僕の相手が現れないなぁと思っていたら相手はデュエル動画の大盤振る舞いのnojiさん!見ていて気持ちいいくらいのパワーデッキの使い手です。以前にも何回かデュエルさせて頂いています。
今回私は魅惑の女王デッキでお相手いたしました。
1戦目は相手が事故っていたらしくモンスターが出てきません。
2戦目、僕のプレイングミスが敗北に響いた感があります。聖刻龍シユウドラゴンの効果で僕の護封剣が対象に取られます。コストはトフェニです。ここでシユウに対しデモンズチェーンを発動しました。2秒後に「あっ」と思いましたねw こういうくだらないミスをしてるようじゃまだまだですよね。その後の展開はお察し。トフェニの効果でエレキテル、アトゥムスからもっかいシユウで護封剣割られてのレダメが出てきて~~と展開されてワンキル。
3戦目、手札があまりよくなかったので相手のパワーツールを放置した結果・・・、巨大化をサーチされ、☆1チューナーをシンクロしライフストリームドラゴンへ。自分のライフポイントを4000にします。かーらーのー・・・、龍の鏡!墓地のドラゴン5体を除外しF・G・D!!巨大化つけてATK10000!!!

\ドゴーン/

アニメの遊戯王だったら確実に死んでますね。

nojiさんとはもう1マッチ!【格闘進化】はギガンテックファイターをメインアタッカーに添えたデッキです。デッキ名はガ○ダムのゲームから。三幻神で相手をしましたが、場をうまく作れません・・・。ちょっと気を抜くとアサルトアーマーつけて6000前後のライフが持っていかれます。

全然勝てないしもぉー!!!!

いつもどおりパワーデッキがホントに苦手なさりあさんでした。。。
そろそろ克服したいですねぇ・・・。
1ヵ月後にリベンジ戦です!!!


■4戦目 vs 双子座さん【ライロ魔導】 ×

3戦目は双子座さん!!言わずもがな城下町デュエルの投稿者様です!!相手をしたい人はたくさんいるでしょうから、マッチはしませんでした。こちらは三幻神!3ターン目くらいにオシリスを召喚します。
返しのターン。(なんのカードだったか忘れてしまいましたが)デッキトップ数枚落としてライトロードビーストウォルフが2体、ラモール、ラモールの効果でディアール。オシリスいるし死なないかなーとか思ってたら、飛んできましたゲーテの魔導書。オシリスを苦もなくふっ飛ばします。そこからウォルフ×2で武神のカグツチ、ラモールとディアールでノリトがエクシーズされます。カグツチの召喚時効果でデッキトップ5枚が落とされ、その中にあったのはフルルードソルシエール。ネクロの魔導書でバテルを除外し、フルルードソルシエールを特殊召喚、僕のモンスターを奪った後にエグゾディオスが出てきます。ネクロの効果で☆10になったソルシエールとエグゾディオスでオーバーレイしグスタフマックス。

はい。余裕のワンキルです。

マッチは出来ませんでしたが、デッキを変えてもう1回デュエルしました。

【デビルズミラー】 ○

高等儀式術の制限緩和によりパワーアップした儀式デッキ。双子座さんのデッキはデビルズミラーを召喚しつつ、高等儀式術でジェネクスコントローラー等を墓地へ送る。ジェムナイトオブシディアの効果により蘇生しつつ、クロキシアンやダークガイアを召喚するデッキに見えました。古代の機械騎士などもみえましたので、もっといろいろ出来るようです。僕のほうは変わらず神デッキ。双子座さんは手札が整わなかったのか、モンスターを出してきません。さすがにライフもやばくなってきたところでATK5000越えのダークガイアを召喚し攻撃してきましたが、丁度ブレイクスルーが伏せてあったので迎撃して勝ちをいただきました。

オフ会の主催お疲れ様でした。とても楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます。
来年も楽しみにしております。


■5戦目 vs 灰皿さん【超紋章極星邪龍】 ×× (○)

5戦目はデュエルよろずやの灰皿さんです!最近僕の中でリスペクトが止まらない決闘者。よろずやさんと日々デュエさんとは仲良くしてもらっているのでもう大分親しい間柄ですね。彼のデッキの詳細はリンクから彼のブログに飛んで頂いて確認していただくといいと思います。1枚1枚がしっかりシナジーしたデッキを組まれているので、毎回毎回細かーいところの採用理由まで解説されています。
今回使われたのは星邪の侵喰を軸として墓地発動のモンスターをキープしながら多彩な展開を見せるデッキです。デッキ名も長いですが、紋章獣、極星獣、エヴォル、サイキックと本当にいろいろなモンスターが入っており、デッキ枚数なんと49枚。あれがしっかり回るのがすごいですよねw
僕が使ったのは絶対服従魔人。星屑/バスターさん手札に来んといてー! ってな感じで惨敗です。相手はエヴォルカイザードルカとエンジネルを並べてこっちの墓地にある征竜をしっかりととめた上で、墓地のネクロガードナー等で攻撃も止められます。トリシューラのチャンスが1回あったんですが、ちょうど相手の伏せが月の書でした。うーん悔しい。マッチは負けてしまいましたが、もう1回。ここで僕のデッキが回ります。最強モンスター星屑/バスター降臨!さすがに出ると強いですねこのカード。追って服従魔人も召喚され、星屑を逃がしつつ魔人でのビートダウンが決まります。最後にやりたいことできてよかったです。

デッキを変えてもう1マッチしました。

【七色の姫】 ×○×

青眼デッキとは一言で言えないような青眼デッキです。装備魔法で乙女を対象にとりつつ青眼を展開します。乙女がチェーンに乗る効果ということでサモンチェーンがはいっておりそれに伴いガジェットも採用されています。装備魔法はフリント、メタルシルバーアーマー等。使われると中々やっかいなカードです。このデッキにおいて地味に厄介なカードが、シフトチェンジ。こちらの攻撃が乙女に誘導されて効果を使われ、除去は銀龍等耐性持ちモンスターに誘導されます。僕はデッキギミックをある程度把握していたので、中々攻めることが出来ませんでした。
こちらが使ったのは三幻神デッキ。白熱したデュエルとなりました。細かいところの内容が思い出せないので大雑把に書きます(ぉぃ デュエルは僕が青眼や銀龍のパワーに押される展開となります。フェルグラントやエネアードも登場して凌ぐデュエルを強いられます。2戦目以降はサイドからD.D.チェッカーとディサイシブアームズを投入します。が、2戦目はオベリスクが大暴れして出番はなく、活躍は3戦目に。
3戦目は序盤にD.D.チェッカーを引き、2ターンほど相手の動きを阻害します。その間相手はガジェ等で凌ぎます。それでも除去された後は青眼を展開されます。僕はブレイクスルーや転生の予言等で銀龍の効果による展開を妨害。なんとか場をつなぎ、終盤にディサイシブアームズの召喚に成功。効果により相手の装備魔法等3枚をふっ飛ばします。ですがエネアードを召喚され除去されます。
こちらのリソースが少なくなり辛いデュエルになりますが、幸いライフは多く残っていたので、4000ダメージ覚悟で未来への思い。ディサイシブやダンディを出し、壁として使います。相手も相当リソースがない状態でしたが、墓地から出てくるレドックスが地味に厄介でした。ディサイシブと綿毛トークン1体が生き残りました。返しのターン。綿毛トークンでレドックスに自爆し手札からトラゴエディア。ガンガリディアをエクシーズし起死回生を図りますが、結局押し切られてしまいました。

このデュエルも細かいところのプレイングミスが目立ちました。チェーンの組み方によって乙女を妨害できた場面もちらほらとあり、最善の選択が出来ていたら勝敗も変わっていたかもしれません。こういうちょっとしたミスってやっててすぐに気づくんですよねw 「あっ、今のこれじゃなかった」と。構築とともに今後の課題ですね。。。

気づけは灰皿さんとは2時間弱くらいの時間デュエルしてました(
でもやっぱりこういうデュエルは好きなんだよなぁ・・・。オフ会の時間がもったいないってのはありますが、やめられないですねw


■6戦目 vs zukkyさん【三極神】 ○×○

6戦目はzukkyさんです!オフ会でちょこちょこ見かけていましたが、デュエルするのは初めてでした。使われたデッキは【三極神】。聖刻龍が混ざっている形でした。リョースアールヴでドラゴンヌートの対象を取り、手札とデッキからモンスターを展開する。持ってくるバニラドラゴンを選択できるので、各極神にアクセスしやすいんですね。私のデッキは魅惑の女王。光の護封剣やデビリアンソングで鬱陶しく立ち回ります。
zukkyさんのサイクロンのタイミングが(私にとって)悪く、強制退出装置をコンボ前に割られまくります。ナーガの効果を全く使うことが出来ません。
2戦目はオーディンに蹂躙され、3戦目にも相手フィールドにオーディンとトールが並びます。かなりピンチでしたがデッキトップは光の護封剣!なんとか耐え凌ぎます。そこから逆転の一手はギブ&テイク!大盤振舞侍を特殊召喚し、スクラップサーチャーで突っ込んで手札をガッツリ補充。次の相手ターン、さらにギブ&テイクでサーチャーを送りつけて極神を一掃します。サーチャーは相手場で効果を発動するので、極神は復活することが出来ません。またサーチャーさんと大盤振舞侍さんに助けられました!超強いZE☆

魅惑の効果をほとんど使うことが出来なかったのが残念です。
逆にLV7は初手に来すぎです。死にやがれください(


■7戦目 vs ピシコさん【蟲惑幻獣機】 ×○×

今回デュエルした人の中で唯一、初対面の方!(それはそれでどうなんっていう・・・。)使用されたデッキは幻獣機と昆虫を組み合わせたデッキ。幻獣機トークンを孵化のコストにします。やっぱりトリオンはいい仕事しますねぇ。。。露骨に奈落や狡猾な落とし穴が見えているので攻めづらい。さらにカブトロンからアラクネーが出てきます。私が使用したデッキは絶対服従魔人。ブラスター等で落とし穴を割りつつユウシで攻めます!(完全に普通の炎星な件)
普通じゃない点としては毎デュエル初手に星屑/バスターが居たことですかね。えぇ。
来るなコノヤロウ!!
ってな具合でこちらはとても残念な感じに。相手が持続力のあるデッキなので服従魔人だけでは攻めにくく、星屑/バスターさんはやる気がなく・・・。

僕のうんこデッキはさておき、デュエルは楽しんでいただけたようなので良しとしましょう!(泣


■8戦目 vs ガガさん【次元忍者エクシーズ】 ×○○

自由人デュエルのガガさん!!キ○ミーダンスの人と言っていいでしょう!(風評被害)
何回か会ったことはありますが、こちらもデュエルするのは初めて。三幻神デッキでお相手いたしました。ガガさんのデッキはHANZO、超変化からサラマンドラ等を呼び、混沌空間にカウンターをためつつ、エクシーズモンスターを召喚します。除外されたエクシーズモンスターは究極玄武盾で帰還させ、RUMやCXCで戦闘に参加します。仮面魔踏師アンブラルは特殊召喚時の効果で魔法罠を1枚破壊できます。しっかりとしたシナジーで固められたデッキでした。動画の方でも使用されていたと思います。
1戦目は取られてしまうも、2戦目にはオシリス降臨。その効果により場を制圧します。オフ会でデュエルしていると本当にオシリスが強いです。
3戦目、ホルアクティの召喚がチラッと見えましたが、その前に7400のラーがゲームを決めました。

出したかったなぁホルアクティ・・・。やはり課題は神を引き込むことか。。。


■9戦目 vs ギャレンさん【シャーク】 ×

先月の自由人オフでデュエル出来なかったギャレンさんとのデュエル!!と行きたかったのですが、残念ながら時間切れ。。。オフ会の閉会式の時間になってしまいました・・・、

が!

端っこでこっそりデュエルしてました(
ギャレンさんのデッキはその名の通り、シャークさんのデッキ!!彼の作るデッキはどれもキャラがあってとても好きです。動画の中でもそのキャラが輝いています!しかも普通に強くて困るw さながらアニメの中のシャークさんとデュエルしてる気分になれますw

閉会式の中ひそひそとしたデュエルになってしまいましたが、今度は思いっきりデュエルしたいですね!



とまぁ僕のオフ会はこんな感じでした!各デュエル内容が曖昧ですみません(


すごく楽しかったことは楽しかったのですが、、、

正直なところ、終わってから自分のデュエルを振り返ってみるととても褒められたものじゃありません。どっちかっていうとうんこです。プレイングミスも多く、構築も甘かった。反省しなければなりませんねー。

前述の通り、すごく楽しかったのは嘘ではないです。本当に心から楽しかったです!

でも、、だからこそ、僕の相手をしてくれた人にも最高のデュエルを提供したいという思いがあります。確かに負けて悔しいからという気持ちもあります。でも、オフ会に来ている皆さん、誰だって「楽しんで帰ろう!」と思っているはずです。それに僕のデュエルは1戦が本当に長いんです。申し訳なくなるくらいに長い。その長い時間、お相手していただく訳ですから、相応に内容の濃いデュエルを提供できればと考えております。
本当の、100%のデッキでぶつかって、今回以上の驚きと楽しさを提供できるように頑張りたいと思います!


最後に、僕のへんてこなデッキと楽しくデュエルしてくださった方々、本当にありがとうございました!!
これからも精進しますので、また会う機会がありましたらよろしくお願いいたします!!



以上です!
それでは!!
スポンサーサイト

城下町オフレポ その1

2013.09.23 (Mon)
13.09.22、城下町デュエルオフに参加してきました!

参加人数約120名という大きさ!いやーすごいですね。。。
最初に指定された席で、隣に座っておられた方はなんと福岡からいらっしゃったとか!城下町すげぇ・・・。有名動画のメンバーさんもたくさんいらっしゃっていました。デュエル動画に出て、オフ会に参加するようになり1年と少し経ち、「ぉ、今来た方は○○さんだ」とだいぶ分かるようになりました。これからもオフ会には積極的に参加していきたいですね!

当日の朝に体調を崩すというハプニングもありましたが、とても楽しい1日を過ごすことが出来ました。
今回のオフ会を通して合計8,9名の方と戦うことができました。僕は1戦が長くなってしまうことが多いので、毎回人数が限られてしまうことが少し残念です。オフ会の時間じゃ足りんねん!!
トイレに行くときに影響デュエルのJUMさんと廊下でばったり。「後でデュエルしましょう!」といったものの結局できず仕舞い・・・。ぐぬぬ・・・。

ぇー、記事についてですが、今回使用したデッキの簡単な解説と、各デュエルの感想とで2分割しようと思います。

それでは最初に使用デッキの解説から。


-使用デッキ-

今回、私は使用したデッキは3つです。全てサイドデッキを用意し、マッチ形式でデュエルしていただきました。


【ALLURE PYCHEDERIA】

・基本ギミック
魅惑の女王の新型です。といっても1ヶ月前のオフで使用してから特に仕様は変更していません。サブギミックとしてナーガを採用しています。下級魅惑と合わせて状況に応じたサーチができます。以前の魅惑では、墓守の偵察者ギブ&テイクで手札7枚コンボがありましたが、今回は偵察者+強制退出装置でハンデスコンボができます。偵察者と退出装置をセット→次ターンリバースからキングレムリンをエクシーズしナーガをサーチ、召喚。退出装置で相手モンスターを退けつつナーガの効果で魂を削る死霊をリクルート。2体で直接攻撃し手札を削ります。他のリクルート対象として、ナイトエンド・ソーサラー、大盤振舞侍、カオスエンドマスターなどがいます。ナーガの効果は誘発効果なため、ナイトエンドソーサラーもほぼ確実に効果を使用することが出来ます。またナーガは水属性なので、ナイトエンドソーサラーと氷結界の虎王ドゥローレンになることが出来ます。これにより各種永続カードを使いまわすことも出来るようになっています。

守りには光の護封剣を採用しています。発動に相手モンスターを表にできるので、魅惑の装備対象の生成にも使えます。ドゥローレンを召喚できるので、他にもデモンズ・チェーンデビリアン・ソングと永続カードを多めに採用しています。

以前は強制終了+ゴブリンのやりくり上手で防御と手札調整を行っていましたが、今回は強制退出装置なども入っているので除去力が少し上がっていたりします。動きに幅を持たせれたのではないかと思います。

・所感
驚きの魅惑LV7の初手率!!来んなBBA!!やりくり上手を廃したので事故気味になることが少し増えましたねぇ・・・。大盤振舞侍のコンボが決まると大体負けませんね。強制退出装置が割られまくったのでナーガのコンボも思うように出来ませんでした。ナーガのギミックを採用したことで魅惑を使って動くことが減りました。中々装備できるモンスターが出てこない・・・。デビリアンソングを引かないとちょっときついですね。改良点が幾つか見えたと思います。今回のオフでは珍しく使用回数が少なかったです。



【三幻神】

・基本ギミック
そういえばこのデッキ、デッキ名考えてなかったな・・・。三幻神でのハイビート、ホルアクティでの特殊勝利を目指すデッキです。序盤を固めるのは幻獣機。幻獣機の耐性効果による戦線の維持、メガラプターのサーチ効果による手札増強、トークン生成によるリリースの確保など最高の相性です。デッキ内の幻獣機をサーチし切ったあとは、ギアギガントXからサイバー・ヴァリーをサーチし、トークンと除外することでさらにドローを加速して神を引き込みます。未来への思いがオベリスクと相性がよく、蘇生したオベリスクは守備4000の壁として場に居座り続けます。もうひとつ未来への思いと相性のいいカードがトラゴエディア。相手ターンに特殊召喚でき、墓地のモンスターのレベルをコピーしてから思いを発動することでエクシーズが可能です。元々が☆10なので、神とエクシーズすることもできます。
今回、トリシュが復権しましたが、このデッキで神を除外されると戻すことができません。といことでメインからカオスハンターを採用しています。☆7なので、幻獣機とのエクシーズもし易いです。他にもジャイアントハンドやブレイクスルーなど、無効系のカードを多めに採用しました。

武神、青眼が流行っているみたいでしたので、サイドにA・O・J D.D.チェッカーディサイシブ・アームズを採用。前者はギアギガントからのサーチ、後者は幻獣機からシンクロします。青眼と当たったときは中々鬱陶しく活躍しました。

・所感
幻獣機の固さと、罠カードにより防御力は中々でした。神が手札に来ないことがネックでした。1体召喚するのがやっとなことが多く、これではホルアクティは夢のまた夢だなぁと。サーチ方法を本格的に考えなくてはいけないなと感じました。メガラプター+空中補給が止まらないと一方的な試合になることが多く、そこらへんの調整も必要な感じでした。



【BLAZING CONCIET】

・基本ギミック
新しい絶対服従魔人デッキ!初のお披露目となりました!ドリル・ウォリアーに頼らない形を目指した結果、見つけたものが《スターダスト・ドラゴン/バスター》。なんか色々と間違っているデッキになりました・・・。服従魔人デッキではとてもイレギュラーですが永続魔法、炎舞-テンキを採用しています。サーチ先の獣戦士はユウシバスター・ビーストウルフバークです。炎星に加え、焔征竜-ブラスターも採用しているので無駄にデッキパワーは高いです。服従魔人の召喚方法として採用したのが、炎王炎環。場と墓地の炎属性モンスターを入れ替えます。使わないカードの効果はよく知らないもので、このカードも完全に盲点でした。これを使うと、ラヴァルバル・チェインで服従魔人を墓地に落として炎環を発動することで速攻で魔人を出すことが出来ます。他にも、ブラスター等で攻撃した後に炎環で墓地の服従魔人を蘇生し追撃!なんてこともできます。前の服従魔人の記事でも書きましたが、今回はエクストラゲートをはじめ更に速攻魔法を多めに採用しています。これは、スターダスト/バスター+服従魔人の場を作ったときに、星屑/バスターで攻撃後、ドローした速攻魔法を発動→星屑/バスターで無効にすることにより服従魔人の追撃コースを作ることが出来るからです。
あとは、あまり好きじゃないのですが、ソウコで魔人の効果を消して殴りにいくことも出来るようになっています。

・所感
驚きの星屑/バスターの初手率!!!だから要らんっっての!!!!!このデッキで星屑/バスターを引いてしまうと、墓地に落として無欲な壺で戻すしかないので初手にくるのはホントやめてくださいお願いします。このデッキでは、手札をデッキに戻すカードは採用できないんですよね。理由は、「手札がないときにそのカードを引いてしまうと発動が出来ないから」です。あとはブラスターの除外コストが足りないですね。あまりブラスターに頼りすぎるのはいけないですね。でもやっぱりブラスターは強いですね。トリシューラを返しのターンに殴り倒せるのがとても頼もしい。エクストラゲートもしっかりと活躍!トリシューラを出された回数よりも「☆9!」で吹っ飛ばした回数のほうが多かったですw
そしてユウシつえー!!何だこのカード!俺より仕事できるわこいつ!デッキ名が【暗炎星-ユウシ/バスター」になりそうです。
調整がもう少し必要な感じでしたが、対戦していただいた方には楽しんでもらえたみたいでよかったです。


使用したデッキの解説は以上になります。どのデッキも後一歩調整が足りないような微妙な感じだったのが悔しいです。約1ヵ月後、大阪でイベント前のオフ会があるので、そこで全力を出せるように調整していきます!

次の記事で、各デュエルを簡単に振り返ってみたいと思います。

それでは!


絶対服従魔人 Ver3.7

2013.09.20 (Fri)
【絶対螺旋 -DESTINY STREAM-】

MONSTER 23

絶対服従魔人 3
サルベージ・ウォリアー 1
クイック・シンクロン 2
E・HERO エアーマン 1
E・HERO バブルマン 1
E-HERO ヘル・ゲイナー 1
タスケナイト 1
魔轟神獣ルビィラーダ 1
ジャンク・シンクロン 2
ネクロ・ガードナー 1
鬼ガエル 3
魔知ガエル 1
黄泉ガエル 1
粋カエル 1
ゾンビキャリア 1
フレムベル・ベビー 1
レベル・スティーラー 1


SPELL 15


死者蘇生 1
大嵐 1
おろかな埋葬 1
魂の解放 1
ワン・フォー・ワン 1
増援 1
速攻魔力増幅器 1
手札抹殺 1
封印の黄金櫃 1
調律 2
サイクロン 1
エクストラ・ゲート 1
異次元からの埋葬 1
ミラクル・フュージョン 1

TRAP 2

ブレイクスルースキル 2


EXTRA

E・HERO ノヴァ・マスター
E・HERO アブソルートZero
氷結界の龍トリシューラ
スクラップ・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
ジャンク・デストロイヤー
ブラック・ローズ・ドラゴン
ドリル・ウォリアー
獣神ヴァルカン
ジャンク・ガードナー
魔轟神レイジオン
AOJカタストル
漆黒のズムウォルト
フォーミュラ・シンクロン
No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー


自 分 フ ィ ー ル ド 上 及 び 手 札 に 、 こ の カ ー ド 以 外 の カ ー ド が 存 在 し て は な ら な い

ふざけるのも大概にしましょう。どんな効果だよ。。。ドMなのかドSなのか分からんぞお前。。。

そう、みんなのアイドル絶対服従魔人さんです。wikiをみると射出しろだ融合素材にしろだ散々と書かれていますが、やはりこいつを使うのであれば魔人でビートダウン♂するしかないでしょう!
手札なんて捨ててかかって行ってやるですよ!!!


- 基本ギミック -

やりたいことはただ一つ、魔人で殴り殺す。これです。
ぶっちゃけ、絶対服従魔人が動ける状況を作ること自体は簡単です。誰でもできるでしょう。難しいのはその後です。次に引いたカードを確実に処理してまた攻撃できる態勢を維持できるのか。魔人が死んだ後どうするのか、1枚のドローで運よくいいカードを引いたとしてもそれだけで巻き返すのは難しいでしょう。相手は何枚もカードを使えるわけですから。こちらのデッキがバレているならなおさらです。

ならどうするか

こちらが使えるのは、ドローした1枚のカードと、墓地リソース。墓地リソースを使うことは必須になるでしょう。ここから、魔人が動ける環境の維持と、魔人が死んだ後の立て直しの2パターンに対応しなければなりません。そうなると、必然的に「選択肢があるカード」の採用が増えます。1枚で動けるカード、言ってしまえば汎用性の高いカードですね。これは後述の各カードの解説を見てもらえると分かると思います。汎用的でありながら噛み合うカードをチョイスして、「最適な1ドロー」が出来るデッキを作ることが大事です。これはこのデッキに限った話ではありませんね。でも、このデッキを使っていると、手札・場がないので、必然的に、毎ターンディスティニードローをしなければなりません。魔人が除去された次のターンはなおさらです。常にピンチ。ピンチのときにいらないカードを引いてしまっては意味がないのでそういうカードは抜けていく。ディスティニードローが出来るかどうかはデッキ構築の段階の話になってくるんですね。あれですよ、奇跡は、起こすものだ(クッソイイ顔

もう1つ。

いくらドローや墓地を最適化しても、コントロールするカードが1対7みたいな状況では、さすがに辛いものがあります。そこで僕がこのデッキを作る・使う上で意識しているのが、【1:1交換】です。これは、自分のカード1枚で相手のカード1枚を除去するときなんかに使われる言葉ですよね。これ、このデッキにぴったりの考え方だと思いませんか?自分のリソースを削るだけではなく、相手も疲弊させる。普通アドバンテージが削れることは避けるべきことですが、このデッキではむしろ目的です。つまりこのデッキでの1:1交換は、両プレイヤーが地獄に向かっているように見えて自分だけ最適な場を作り出している行為といえます。


それでは各カードの採用理由です。


《ドリル・ウォリアー》
上に服従魔人デッキで意識することを書きましたが、コイツがいると上に書いたような制約をほぼ無視できます!!やったねはるき○うた君!!

このデッキにおいてコイツがなにをするかというと、

・何をドローしても、捨てて自身を除外し、服従魔人が動ける環境を作れる。
・帰還時の回収効果により、その場で一番最適なモンスターを墓地からサルベージできる。
・自分ターンに必ずいてくれるモンスター

てな具合に服従魔人との相性は最高です。
デッキ名に螺旋という文字のとおり、このデッキの軸ですね。

1つ目の「手札を捨てる効果」。これにより、多少無理のある構築が可能になります。
たとえば、相手ターンの防御用にネクロ・ガードナーを採用するとしましょう。そうした場合、服従魔人の活動中にネクロ・ガードナーをドローしてしまった場合、動きが止まってしまいます。
ここにドリル・ウォリアーがいると、ドローしたものをそのまま捨てて環境を維持できます。このように、服従魔人の行動中でも墓地肥やしが出来るわけですね。強い魔法等を引いた場合は、回収したモンスターをそのまま捨てて自身を除外、その魔法を使うことが出来ます。ドリルウォリアーがいることで、「何をドローしても魔人の動きを阻害しない」環境を作ることが出来るわけです。

2つ目の「サルベージ効果」。非常に強力な高価です。まず、これは除外ゾーンで発動するので、ブレイクスルー・スキルデモンズ・チェーンでとめることが出来ません。フェイズが違うのでエフェクト・ヴェーラーも無理ですね。ほぼ確実にサルベージができるわけです。
ドローしたカード、ドリル・ウォリアー、サルベージしたカード。ここに墓地の黄泉ガエルレベル・スティーラーが合わさることで、何もない状態から一気に5枚程度のカードが確保できます。魔人オンリーで動いているようにみえて、アドを3,4枚隠して動いてる感じになるんでしょうか。このリソースを使って、状況に応じた動きをします。
服従魔人が相手ターンに除去された場合、返しのターンにドローから、

ドリル帰還、魔人回収 → 黄泉ガエルSS → スティーラーor粋カエルをSS → 魔人アドバンス召喚 → ドローしたカードを捨ててドリル除外

この動きで状況を回復できます。倒してもすぐに復活する3500モンスターは脅威でしょう。
服従魔人が生きてる場合は、フレムベル・ベビー等の「自分でいなくなることが出来る」モンスターを回収することで状況維持が可能です。ジャンク・シンクロンサルベージ・ウォリアーを回収しても(エクストラの状態にもよりますが)状況維持ができるでしょう。


HERO 3種

E・HEROエアーマンE・HEROバブルマンE-HEROヘル・ゲイナーの3種を採用しています。バブルマンとヘル・ゲイナーをサーチするためにエアーマンが入った感じですね。理想としては、序盤に増援などでエアーマンをサーチし、残りのHEROをサーチ、それらを鬼ガエルクイック・シンクロンのコストとして使用します。その後は必要に応じてドリル・ウォリアーで回収したり、ミラクル・フュージョンで融合HEROへとつなげます。
魔人が除去された返しのターン、

ドリルでバブルマンを回収 → ドローしたカード捨ててドリル除外 → バブルSS2ドロー

と効果を使うことが出来ます。でもドリルがいない状態で素引きしたときのテンションの上がりようったらないですよね!!

ヘルゲイナーは言わずと知れた服従魔人の相棒です。3500が2パンします。モンスターいなかったら余裕のワンショットです。フレムベルベビーで攻撃力を上げるとクェーサー並みのパフォーマンスを!(見せません

ミラクル・フュージョンはトップ解決力が強くていいですね。融合先としてはE・HEROアブソルートZeroE・HEROノヴァマスターを採用しています。アブソルートの強さは書くまでもないでしょう。ノヴァマスターは魔人を素材にして召喚出来ます。アドを取るカードは魔人とアンチシナジーじゃないの?と思われるかも知れませんが、魔人デッキといってもカードをドローしたいときもありますので。魔人が出せない状況での盤面維持とか。増えたアドを減らすのは結構簡単です。クイックロンとかでちょちょいと。
ぁ、あとノヴァマスターはフレムベルベビーも共有します。3000のノヴァマスターは結構強いですw


《サルベージ・ウォリアー》《ジャンク・シンクロン》

釣り上げる系男子2名です。トップ解決力も高いですね。カエル、スティーラーと合わせて多様なシンクロに対応します。サルベージウォリアーは、クイックを釣り上げることでNo.12機甲忍者クリムゾン・シャドーをエクシーズできます。


《フレムベル・ベビー》

服従魔人の打点を強化します。なんとこのパンプアップはエンドフェイズまでではないので、ドリルで回収して使うたびに魔人の打点が上がります。対象は炎属性モンスターなので、上にも書きましたがノヴァマスターやヴァルカンを強化できたりもします。チューナーでもあるので、ワン・フォー・ワンからフォーミュラ・シンクロンの素材としても使用します。

こいつのwikiページ記述なさ過ぎて寂しいんだけどw
誰かもっと書いてあげて!(


《タスケナイト》


プレイヤーのピンチを!! タスケナイトです!!!!!


魔法カード

選択肢を増やすためのサーチカードと、状況に対応するためのカードが主になります。
説明が必要なカードも少ないと思うので以下簡単に。


《魂の解放》

相手の墓地をごっそり持っていくカード。使用した後、相手の顔が歪むのが面白いです(東京都 会社員・男性)

やっぱりみんな使います墓地リソース。聖刻龍の対象となる通常モンスターみたいなデッキのキーカードをふっ飛ばしても効果的です。アド的には1:0交換のアド損ですが、相手のデッキのギミックを崩壊させることが出来るので、強力です。

絶対使われたくないですね!!

魔法はこういう1枚で働けるカードの採用が多いです。


《エクストラゲート》

トリシューラとかいうカードの復帰に伴い採用しました。言わすもがな、このデッキは相手ターン中、服従魔人単騎の状態が多いので、ネクガやタスケナイトで攻撃を止めるくらいしか出来ません。そんな中容赦なくこちらを蹂躙してくるカードの中でもヤバイやつがトリシューラ。魔人と墓地リソース(主にカエル)を持っていかれます。

トリシュを出されるとマズイ。でも相手ターンでの妨害はほぼ出来ない。

いつ殺すの?

出る前でしょ!  ←これです。

引いたらとりあえず9を宣言しましょう。たぶん吹っ飛んでくれます。
トリシューラはその強さ故、チューナーが入っていればほぼ確実にエクストラにいると考えていいでしょう。だから外れることは少ないはずです。ただ、ミストウォームやクロキシアンとかが入ってるデッキだとトリシュをピンポイントで抜くことは出来ないかもしれませんね。もし外れても手札を捨てることが出来るという「メリット」もありますしね!(ぇ
ただ、手札がない場合は発動が出来ないので、出来るだけ序盤に使いたいカードです。

早いと3,4ターン、序盤に出てくるトリシュさん。ゆえに出来るだけ早くこのカードを引きたいところですが、複数積むのは流石にねぇ・・・。というわけで、異次元からの埋葬の再利用等も兼ねて速攻魔力増幅器を採用しました。最近使ってる人多いですね。クイックブースター。エンドサイクで抜いてくれたらゲートサーチして、そのまま発動「⑨!」って言ってやりましょう。


罠。


魔人と相性が悪いので極力採用したくないカードですが、環境的に辛いものがあったので2枚だけ採用。

《ブレイクスルー・スキル》

このデッキに限った話ではないのですが、、、
クリスティアやBloo-D出されると死んでしまいます(脆弱決闘者

なのでそれらの強力モンスターに対しての対抗策として採用しています。

自分ターンであれば墓地から発動できるので、服従魔人だけでは倒しづらいガチガチガンテツマエストロークなどの耐性持ちモンスターの駆逐にも役立ちます。最近では神竜騎士フェルグラントとかもヤバイですね。

序盤はセットし、キングレムリンやエアーマンなどの相手の初動を止めつつ、後半は墓地から効果を起動しやっかいなモンスターの処理を補助します。



エクストラ


大きく2つに分けられます。

1.戦線を維持するための耐性持ちモンスター
  少ないカードで戦うことになるので、札が揃わない時に耐えてもらいます。

2.自身を亡き者にできるやつら
  献身勢。魔人のために命を燃やします。

以下簡単な解説


《スクラップ・ドラゴン》

突破力のあるカード。単体でも強いです。
服従魔人の行動中は、

サルベージウォリアーでジャンクSS → スクドラSS → スクドラ自身と相手のカードを破壊

のような動きで状況維持しつつ相手の場も荒らします。1:1交換!


《ジャンク・デストロイヤー》

怒号の魔神。こいつも、自分を破壊できます。用途はスクドラと同じですね。スクドラの項に書いた流れで、サルベージウォリアーの☆を下げてスティーラーを出すことで場のカード2枚(自身と相手カード)を破壊します。クイックでもシンクロできるので結構使えます。


《メンタルスフィア・デーモン》

相手に攻め込まれると辛い上に防御手段が少ないこのデッキ。事前にライフを増やしておくのもいいんじゃないかと思った時期が私にもあったんです。出る機会が少ないので何かに変えてもいいかもしれません。スクドラ2枚目?閻魔竜?


《獣神ヴァルカン》

黄泉ガエル、ジャンクシンクロンで鬼ガエル。こんな感じで出します。
自身と相手の表側カードをバウンスすることで、状況維持が可能です。


《ジャンク・ガードナー》


マイフェイバリット。めちゃくちゃ固い守りの要。相手に上級モンスターがいても数ターン凌いでくれます。
墓地に送られたときタイミングを逃さずに表示形式変更効果を使えるところも素敵です。

ガードナー+@をリリースして魔人をセット。ガードナーの効果でリバース。

激流、奈落を擬似的に回避できます。


《魔轟神レイジオン》

ルビィラーダが入っている一番の理由です。黄泉ガエルやスティーラーとシンクロして2ドローできます。


《漆黒のズムウォルト》

ジャンク+スティーラーでシンクロできます。戦闘耐性を持っているので場持ちはそこそこ。黒とうもろこしにボーンされる攻撃力なのがちょっと残念ですね。
ですが、こちらから攻撃するときはいかなるモンスターも戦闘破壊でき、+デッキ破壊も出来ます。相手の墓地リソースをふやしてしまった場合には、魂を解放して差し上げましょう。


《No.12機甲忍者クリムゾン・シャドー》

上述しましたが、サルベージウォリアーでクイックシンクロンをSSした場合に。レイジオンとかを使うこともあります。
ガチガチガンテツよりも優れた耐性を持ち、攻撃力もそこそこあるのでこちらにしています。


解説はこんなところでしょうか。

普段のアドバンテージをとる、失わない戦術とは真逆といっていい動きをするデッキなので使っていて楽しいですね。

それにこのデッキ、動きが普通のデッキとまったく違うので、普段使わないような、見向きもしないような魔法カードがたくさん採用圏内に入ってくるんですよ。それがすごい面白い。ストレージを漁りたくなりますw

たぶんこの形が一番安定しているんですけど、不満点がいくつか。
ドリル・ウォリアーが強すぎますね。相手がコイツを最後まで除去できないことが多々あります。
もう1つ。これもドリルに関することなんですけど、僕はこのデッキを使っていて、ドローがとても楽しいんですよ。噛み合うカードが引けるかな?このドローで逆転できるか!?みたいな。そして噛み合うカードが引けたときのテンション。皆さんも経験したことがあるでしょう!あれ最高ですよね!

ドリルウォリアーを使っていると、”何をひいても”処理してくれるので、安定性はありますが、そこの楽しみが薄れます。というわけでドリル無しの形を作っています。このデッキに比べて安定しないのですごい大変ですが、また形にして紹介できるよう頑張ります!

皆さんもたまにはクッソマイナーなカードを使ってデッキを組んでみてはいかがでしょうか!

次回の記事はたぶん2013.9.22(土)の城下町デュエルさんのオフ会レポになると思います!

それではまた次回!

魅惑の女王 Ver 3.○

2013.09.14 (Sat)

MONSTER 21

魅惑の女王LV3 ×3
魅惑の女王LV5
魅惑の女王LV7
大盤振舞侍
ドラグニティ-ファランクス
スクラップ・サーチャー
墓守の偵察者×3
魔導戦士ブレイカー×2
カオスエンドマスター
ターボ・シンクロン
トラゴエディア×2
バトルフェーダー
エフェクト・ヴェーラー
カオス・ソーサラー
クリッター

MAGIC 6


貪欲な壺
おろかな埋葬
死者蘇生
闇の誘惑
強制転移 ×2

TRAP 14

強制終了×3
ゴブリンのやりくり上手×3
ギブ&テイク×3
妖怪のいたずら×2
転生の予言
リビングデッドの呼び声
砂塵の大竜巻

EXTRA

ミスト・ウォーム
スターダスト・ドラゴン
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
アーカナイト・マジシャン×2
マジックテンぺスター
AOJカタストル
No.11 ビッグ・アイ
ラヴァルバル・チェイン
ダイガスタ・エメラル
No.39 希望皇ホープ
虚空海竜リヴァイエール
発条機雷ゼンマイン



記事書く練習がてら"以前の"魅惑の女王デッキの解説します。
クリッターが入ってますね。。。 いつのでしょうかコレ(

えーっと、まず魅惑の女王を使うにあたってクリアしなければいけない課題は以下の点です。

1.魅惑を自身の効果でLV7まで進化させる(コンセプト)
2.戦闘及び効果破壊等からの防御
3.相手場に装備できる対象モンスターがいること

個人的な見解になりますが、この3つをクリアしない限り魅惑の女王は動いてくれません。

ではまず条件1について。
個人的に魅惑の女王を使うといったらコレな気がするんですが、動画とかをみるとシンクロやエクシーズの素材として使われていることが少なくありません。
まぁ、除去がホイホイ使われる環境の中、更にはエクシーズの登場で効果を使える機会も減っているので相当厳しいものがありますけど。そこを頑張って乗り越えてLV7になったらドヤ顔で相手モンスターを装備してやりましょうよ!
そして進化するためには条件2,3が必要になってきます。

条件2について
魅惑の女王の進化条件、「自身の効果でモンスターを装備したまま次の自分のスタンバイフェイズを迎える」をクリアするため、防御は必須です。このデッキでは《強制終了》を用いて戦闘を凌いでいます。《ゴブリンのやりくり上手》と合わせることで 防御・アド取り・手札に来た上級魅惑の処理 の3つをこなしてくれます。めっちゃ強いです。効果破壊に関しては《スターダスト・ドラゴン》に頑張ってもらいます。罠で固めているので大嵐はクッソ怖いです。まぁ魅惑に対して単体除去を撃ってる時点で相手はアド損してるようなもんなので、そこまで効果破壊に耐性を持たせるつもりはありません。

条件3について
このデッキの一番大事なところじゃないでしょうか。そして使っていて一番おもしろい思うところです。このデッキの裏コンセプトに【レベル変動】があるんですが、それは後ほど。
このデッキにおいてここを担当するカードが 《妖怪のいたずら》、《ギブ&テイク》、《強制転移》です。
《妖怪のいたずら》は効果だけみると、ふーん。で終わってしまうようなカードですが、使ってみる/使われてみるとその強さを実感できます。魅惑の装備対象の生成に相手のシンクロエクシーズの妨害、逆に自分のシンクロエクシーズのレベル調整とすごく小回りが利きます。普通相手の展開を妨害するときは激流葬やミラーフォースを使いますが、それでは魅惑の装備対象が居なくなってしまいます。相手の展開を妨害しつつ、なおかつ装備対象を場に残す。魅惑にぴったりのカードですね。
そしてもう1つが《ギブ&テイク》。これは無理やり装備対象を作るカードです。単体だととんでもないアド損。ならば送りつけるカードに「役割」を持たせよう。この発想がこのデッキの成功の鍵じゃないですかね。相手に送りつける対象は主にこの3体《大盤振舞侍》《スクラップ・サーチャー》《ドラグニティ-ファランクス》です。侍はふざけたような手札回復の後に魅惑の餌、サーチャーは相手場を一掃したのち魅惑の餌になります。ファランクス!?とよく驚かれますがこれは、

魅惑LV3がいるときにギブ&テイク。魅惑の☆を2つあげてファランクスを相手場にSS(特殊召喚)。
魅惑の効果で装備してファランクスの効果でSS→アーカナイトマジシャン

というあんまり強くないですが僕のお気に入りのコンボのためです。

強制転移も似たような役割ですね。てか普通につよいです(



以上がコンセプトに沿った主なギミックです。
以下サブギミック。

●《トラゴエディア》、《クリッター》、《妖怪のいたずら》
ギブテ大盤振舞の際、侍の効果にトラゴエディアをチェーンすることでATK4200のバケモンが現れます。普通に序盤の戦線維持にも一役買ってくれます。そしてもう1つ、
このデッキの大半のモンスターはクリッターでサーチできます(=魔デッキで死ぬ)。上級魅惑もその中に入っています。つまり、クリッターの自爆特攻→モンスターをサーチ→トラゴエディアSS。そして墓地に妖怪のいたずらがある場合、相手の☆8以下のモンスター全てがコントロール奪取の対象になります。ここら辺で驚くほどの噛み合いがあります。クリちゃん帰っておいで・・・。

●《ターボ・シンクロン》、《カオスエンドマスター
手札にきた上級魅惑をSSしたり、デッキからSSするモンスターです。

カオエンにギブテ→ブレイカー送る→戦闘破壊してデッキから魅惑LV7SS→ビッグアイ

みたいな姑息なマネができます。レシピにビッグアイがいないのでマジでいつのレシピでしょうコレw
ターボはギブテ大盤振舞の際に手札から魅惑をSSして、メイン2でアーカナイトが出せたりします。


このように、ギブ&テイクと妖怪のいたずらによっていろいろとレベルを弄って遊べます。単体ではパワーの低いカードが多く採用されていますが、噛み合いが強く、シナジーやコンボで戦っている感じが好きです。オフ会とかでは中々の勝率です。
現在はまた少し形が変わっていますので、そっちも後々紹介したいです。



初めてのデッキ紹介記事はこの辺で。

質問等がありましたらコメントやTwitterに。

長々と書いてしまいましたが、少しでも皆さんのデッキ構築の力になれれば幸いです。



はじめました

2013.09.14 (Sat)
はじめましての人ははじめまして。

知っている方、私です。

さりあです。


なんとなーくやってみたくなったのでブログというものをはじめてみました。
以前から、

【考えたものを書きとめておく&それが共有できる場】

が欲しいなぁと思っていたもので。


記事に関しては遊戯王メイン、、、というかほぼ遊戯王になるでしょうね。
考察・オフ会のレポート等書いていきたいと思ってます。

よろしくお願いします。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。