スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅惑の女王 Ver 3.○

2013.09.14 (Sat)

MONSTER 21

魅惑の女王LV3 ×3
魅惑の女王LV5
魅惑の女王LV7
大盤振舞侍
ドラグニティ-ファランクス
スクラップ・サーチャー
墓守の偵察者×3
魔導戦士ブレイカー×2
カオスエンドマスター
ターボ・シンクロン
トラゴエディア×2
バトルフェーダー
エフェクト・ヴェーラー
カオス・ソーサラー
クリッター

MAGIC 6


貪欲な壺
おろかな埋葬
死者蘇生
闇の誘惑
強制転移 ×2

TRAP 14

強制終了×3
ゴブリンのやりくり上手×3
ギブ&テイク×3
妖怪のいたずら×2
転生の予言
リビングデッドの呼び声
砂塵の大竜巻

EXTRA

ミスト・ウォーム
スターダスト・ドラゴン
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
アーカナイト・マジシャン×2
マジックテンぺスター
AOJカタストル
No.11 ビッグ・アイ
ラヴァルバル・チェイン
ダイガスタ・エメラル
No.39 希望皇ホープ
虚空海竜リヴァイエール
発条機雷ゼンマイン



記事書く練習がてら"以前の"魅惑の女王デッキの解説します。
クリッターが入ってますね。。。 いつのでしょうかコレ(

えーっと、まず魅惑の女王を使うにあたってクリアしなければいけない課題は以下の点です。

1.魅惑を自身の効果でLV7まで進化させる(コンセプト)
2.戦闘及び効果破壊等からの防御
3.相手場に装備できる対象モンスターがいること

個人的な見解になりますが、この3つをクリアしない限り魅惑の女王は動いてくれません。

ではまず条件1について。
個人的に魅惑の女王を使うといったらコレな気がするんですが、動画とかをみるとシンクロやエクシーズの素材として使われていることが少なくありません。
まぁ、除去がホイホイ使われる環境の中、更にはエクシーズの登場で効果を使える機会も減っているので相当厳しいものがありますけど。そこを頑張って乗り越えてLV7になったらドヤ顔で相手モンスターを装備してやりましょうよ!
そして進化するためには条件2,3が必要になってきます。

条件2について
魅惑の女王の進化条件、「自身の効果でモンスターを装備したまま次の自分のスタンバイフェイズを迎える」をクリアするため、防御は必須です。このデッキでは《強制終了》を用いて戦闘を凌いでいます。《ゴブリンのやりくり上手》と合わせることで 防御・アド取り・手札に来た上級魅惑の処理 の3つをこなしてくれます。めっちゃ強いです。効果破壊に関しては《スターダスト・ドラゴン》に頑張ってもらいます。罠で固めているので大嵐はクッソ怖いです。まぁ魅惑に対して単体除去を撃ってる時点で相手はアド損してるようなもんなので、そこまで効果破壊に耐性を持たせるつもりはありません。

条件3について
このデッキの一番大事なところじゃないでしょうか。そして使っていて一番おもしろい思うところです。このデッキの裏コンセプトに【レベル変動】があるんですが、それは後ほど。
このデッキにおいてここを担当するカードが 《妖怪のいたずら》、《ギブ&テイク》、《強制転移》です。
《妖怪のいたずら》は効果だけみると、ふーん。で終わってしまうようなカードですが、使ってみる/使われてみるとその強さを実感できます。魅惑の装備対象の生成に相手のシンクロエクシーズの妨害、逆に自分のシンクロエクシーズのレベル調整とすごく小回りが利きます。普通相手の展開を妨害するときは激流葬やミラーフォースを使いますが、それでは魅惑の装備対象が居なくなってしまいます。相手の展開を妨害しつつ、なおかつ装備対象を場に残す。魅惑にぴったりのカードですね。
そしてもう1つが《ギブ&テイク》。これは無理やり装備対象を作るカードです。単体だととんでもないアド損。ならば送りつけるカードに「役割」を持たせよう。この発想がこのデッキの成功の鍵じゃないですかね。相手に送りつける対象は主にこの3体《大盤振舞侍》《スクラップ・サーチャー》《ドラグニティ-ファランクス》です。侍はふざけたような手札回復の後に魅惑の餌、サーチャーは相手場を一掃したのち魅惑の餌になります。ファランクス!?とよく驚かれますがこれは、

魅惑LV3がいるときにギブ&テイク。魅惑の☆を2つあげてファランクスを相手場にSS(特殊召喚)。
魅惑の効果で装備してファランクスの効果でSS→アーカナイトマジシャン

というあんまり強くないですが僕のお気に入りのコンボのためです。

強制転移も似たような役割ですね。てか普通につよいです(



以上がコンセプトに沿った主なギミックです。
以下サブギミック。

●《トラゴエディア》、《クリッター》、《妖怪のいたずら》
ギブテ大盤振舞の際、侍の効果にトラゴエディアをチェーンすることでATK4200のバケモンが現れます。普通に序盤の戦線維持にも一役買ってくれます。そしてもう1つ、
このデッキの大半のモンスターはクリッターでサーチできます(=魔デッキで死ぬ)。上級魅惑もその中に入っています。つまり、クリッターの自爆特攻→モンスターをサーチ→トラゴエディアSS。そして墓地に妖怪のいたずらがある場合、相手の☆8以下のモンスター全てがコントロール奪取の対象になります。ここら辺で驚くほどの噛み合いがあります。クリちゃん帰っておいで・・・。

●《ターボ・シンクロン》、《カオスエンドマスター
手札にきた上級魅惑をSSしたり、デッキからSSするモンスターです。

カオエンにギブテ→ブレイカー送る→戦闘破壊してデッキから魅惑LV7SS→ビッグアイ

みたいな姑息なマネができます。レシピにビッグアイがいないのでマジでいつのレシピでしょうコレw
ターボはギブテ大盤振舞の際に手札から魅惑をSSして、メイン2でアーカナイトが出せたりします。


このように、ギブ&テイクと妖怪のいたずらによっていろいろとレベルを弄って遊べます。単体ではパワーの低いカードが多く採用されていますが、噛み合いが強く、シナジーやコンボで戦っている感じが好きです。オフ会とかでは中々の勝率です。
現在はまた少し形が変わっていますので、そっちも後々紹介したいです。



初めてのデッキ紹介記事はこの辺で。

質問等がありましたらコメントやTwitterに。

長々と書いてしまいましたが、少しでも皆さんのデッキ構築の力になれれば幸いです。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://strangedeck.blog.fc2.com/tb.php/2-50278ad8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。