スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城下町オフレポ その1

2013.09.23 (Mon)
13.09.22、城下町デュエルオフに参加してきました!

参加人数約120名という大きさ!いやーすごいですね。。。
最初に指定された席で、隣に座っておられた方はなんと福岡からいらっしゃったとか!城下町すげぇ・・・。有名動画のメンバーさんもたくさんいらっしゃっていました。デュエル動画に出て、オフ会に参加するようになり1年と少し経ち、「ぉ、今来た方は○○さんだ」とだいぶ分かるようになりました。これからもオフ会には積極的に参加していきたいですね!

当日の朝に体調を崩すというハプニングもありましたが、とても楽しい1日を過ごすことが出来ました。
今回のオフ会を通して合計8,9名の方と戦うことができました。僕は1戦が長くなってしまうことが多いので、毎回人数が限られてしまうことが少し残念です。オフ会の時間じゃ足りんねん!!
トイレに行くときに影響デュエルのJUMさんと廊下でばったり。「後でデュエルしましょう!」といったものの結局できず仕舞い・・・。ぐぬぬ・・・。

ぇー、記事についてですが、今回使用したデッキの簡単な解説と、各デュエルの感想とで2分割しようと思います。

それでは最初に使用デッキの解説から。


-使用デッキ-

今回、私は使用したデッキは3つです。全てサイドデッキを用意し、マッチ形式でデュエルしていただきました。


【ALLURE PYCHEDERIA】

・基本ギミック
魅惑の女王の新型です。といっても1ヶ月前のオフで使用してから特に仕様は変更していません。サブギミックとしてナーガを採用しています。下級魅惑と合わせて状況に応じたサーチができます。以前の魅惑では、墓守の偵察者ギブ&テイクで手札7枚コンボがありましたが、今回は偵察者+強制退出装置でハンデスコンボができます。偵察者と退出装置をセット→次ターンリバースからキングレムリンをエクシーズしナーガをサーチ、召喚。退出装置で相手モンスターを退けつつナーガの効果で魂を削る死霊をリクルート。2体で直接攻撃し手札を削ります。他のリクルート対象として、ナイトエンド・ソーサラー、大盤振舞侍、カオスエンドマスターなどがいます。ナーガの効果は誘発効果なため、ナイトエンドソーサラーもほぼ確実に効果を使用することが出来ます。またナーガは水属性なので、ナイトエンドソーサラーと氷結界の虎王ドゥローレンになることが出来ます。これにより各種永続カードを使いまわすことも出来るようになっています。

守りには光の護封剣を採用しています。発動に相手モンスターを表にできるので、魅惑の装備対象の生成にも使えます。ドゥローレンを召喚できるので、他にもデモンズ・チェーンデビリアン・ソングと永続カードを多めに採用しています。

以前は強制終了+ゴブリンのやりくり上手で防御と手札調整を行っていましたが、今回は強制退出装置なども入っているので除去力が少し上がっていたりします。動きに幅を持たせれたのではないかと思います。

・所感
驚きの魅惑LV7の初手率!!来んなBBA!!やりくり上手を廃したので事故気味になることが少し増えましたねぇ・・・。大盤振舞侍のコンボが決まると大体負けませんね。強制退出装置が割られまくったのでナーガのコンボも思うように出来ませんでした。ナーガのギミックを採用したことで魅惑を使って動くことが減りました。中々装備できるモンスターが出てこない・・・。デビリアンソングを引かないとちょっときついですね。改良点が幾つか見えたと思います。今回のオフでは珍しく使用回数が少なかったです。



【三幻神】

・基本ギミック
そういえばこのデッキ、デッキ名考えてなかったな・・・。三幻神でのハイビート、ホルアクティでの特殊勝利を目指すデッキです。序盤を固めるのは幻獣機。幻獣機の耐性効果による戦線の維持、メガラプターのサーチ効果による手札増強、トークン生成によるリリースの確保など最高の相性です。デッキ内の幻獣機をサーチし切ったあとは、ギアギガントXからサイバー・ヴァリーをサーチし、トークンと除外することでさらにドローを加速して神を引き込みます。未来への思いがオベリスクと相性がよく、蘇生したオベリスクは守備4000の壁として場に居座り続けます。もうひとつ未来への思いと相性のいいカードがトラゴエディア。相手ターンに特殊召喚でき、墓地のモンスターのレベルをコピーしてから思いを発動することでエクシーズが可能です。元々が☆10なので、神とエクシーズすることもできます。
今回、トリシュが復権しましたが、このデッキで神を除外されると戻すことができません。といことでメインからカオスハンターを採用しています。☆7なので、幻獣機とのエクシーズもし易いです。他にもジャイアントハンドやブレイクスルーなど、無効系のカードを多めに採用しました。

武神、青眼が流行っているみたいでしたので、サイドにA・O・J D.D.チェッカーディサイシブ・アームズを採用。前者はギアギガントからのサーチ、後者は幻獣機からシンクロします。青眼と当たったときは中々鬱陶しく活躍しました。

・所感
幻獣機の固さと、罠カードにより防御力は中々でした。神が手札に来ないことがネックでした。1体召喚するのがやっとなことが多く、これではホルアクティは夢のまた夢だなぁと。サーチ方法を本格的に考えなくてはいけないなと感じました。メガラプター+空中補給が止まらないと一方的な試合になることが多く、そこらへんの調整も必要な感じでした。



【BLAZING CONCIET】

・基本ギミック
新しい絶対服従魔人デッキ!初のお披露目となりました!ドリル・ウォリアーに頼らない形を目指した結果、見つけたものが《スターダスト・ドラゴン/バスター》。なんか色々と間違っているデッキになりました・・・。服従魔人デッキではとてもイレギュラーですが永続魔法、炎舞-テンキを採用しています。サーチ先の獣戦士はユウシバスター・ビーストウルフバークです。炎星に加え、焔征竜-ブラスターも採用しているので無駄にデッキパワーは高いです。服従魔人の召喚方法として採用したのが、炎王炎環。場と墓地の炎属性モンスターを入れ替えます。使わないカードの効果はよく知らないもので、このカードも完全に盲点でした。これを使うと、ラヴァルバル・チェインで服従魔人を墓地に落として炎環を発動することで速攻で魔人を出すことが出来ます。他にも、ブラスター等で攻撃した後に炎環で墓地の服従魔人を蘇生し追撃!なんてこともできます。前の服従魔人の記事でも書きましたが、今回はエクストラゲートをはじめ更に速攻魔法を多めに採用しています。これは、スターダスト/バスター+服従魔人の場を作ったときに、星屑/バスターで攻撃後、ドローした速攻魔法を発動→星屑/バスターで無効にすることにより服従魔人の追撃コースを作ることが出来るからです。
あとは、あまり好きじゃないのですが、ソウコで魔人の効果を消して殴りにいくことも出来るようになっています。

・所感
驚きの星屑/バスターの初手率!!!だから要らんっっての!!!!!このデッキで星屑/バスターを引いてしまうと、墓地に落として無欲な壺で戻すしかないので初手にくるのはホントやめてくださいお願いします。このデッキでは、手札をデッキに戻すカードは採用できないんですよね。理由は、「手札がないときにそのカードを引いてしまうと発動が出来ないから」です。あとはブラスターの除外コストが足りないですね。あまりブラスターに頼りすぎるのはいけないですね。でもやっぱりブラスターは強いですね。トリシューラを返しのターンに殴り倒せるのがとても頼もしい。エクストラゲートもしっかりと活躍!トリシューラを出された回数よりも「☆9!」で吹っ飛ばした回数のほうが多かったですw
そしてユウシつえー!!何だこのカード!俺より仕事できるわこいつ!デッキ名が【暗炎星-ユウシ/バスター」になりそうです。
調整がもう少し必要な感じでしたが、対戦していただいた方には楽しんでもらえたみたいでよかったです。


使用したデッキの解説は以上になります。どのデッキも後一歩調整が足りないような微妙な感じだったのが悔しいです。約1ヵ月後、大阪でイベント前のオフ会があるので、そこで全力を出せるように調整していきます!

次の記事で、各デュエルを簡単に振り返ってみたいと思います。

それでは!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://strangedeck.blog.fc2.com/tb.php/4-93cff587
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。